これで10年後にも後悔しない?結婚指輪のデザインの選び方のちょっとしたポイント

二人の愛の証、結婚指輪は一生身に着けるものなので、しっかりと選びたいですよね。
デザインが無数にあって、どんな感じのデザインにしたらいいか、本当に悩むものです。

しかし、今は後悔しないと思っているデザインでも、10年後になるとかなり感じ方が変わる事もあり得ますので、今は幸福感からどのようなデザインでも後悔しないと感じていても、10年後には気に入らなくて付けなくなってしまっているかもしれません。
そこで、ここでは結婚をしてから10年後でも、後悔しないような結婚指輪デザインの選び方をご紹介していきます。
結婚指輪は二人の愛の証です。
10年後に気に入らないから付けないということがないように、的確に選びましょう。

凝り過ぎたデザインは避けてシンプルなデザインを選ぶ

10年後に結婚指輪を付けなくなっているという人の理由として、単純にデザインに飽きてしまったという理由が少なくないようです。
では、そのような人たちはどのようなデザインを選んでいるのでしょうか?
それは、凝りすぎたデザインです。

一生に一度しか作らない結婚指輪は、やはりデザインにこだわりたい。
その気持ちは分かります。
しかし、あまりにも凝りすぎてしまい、色々な装飾を付けてしまうと、カジュアルファッションには合うけれど、フォーマルファッションには似合わないというデザインになってしまい、服装に応じて外さなければならないという事態になる可能性もあります。

実際にあったお話ですが、あるシルバーショップのリングを海外セレブが結婚指輪として購入したことで、それを真似て日本人のカップルも結婚指輪として、その指輪を購入したそうです。
しかし、そのリングはトップにはライオンの装飾が施されており、カジュアルな服装には似合いますが、フォーマルファッションには似合わないデザインでした。
そのため、仕事でフォーマルなスーツを着る場合に、ただのオシャレのようにも見えてしまい、仕事の時には結婚指輪を外さなければいけなくなったそうです。

このように、場所やファッションなどに左右されるようなデザインはおすすめできません。
なるべくカジュアルでもフォーマルでも似合うようなシンプルなデザインを選ぶように心がけると良いでしょう。

厚みのあるデザインは注意が必要?

シンプルなデザインを選んだとして、注意しなければならないポイントは指輪の厚みです。
みなさんは厚めの指輪が好きでしょうか?
それとも薄めの指輪が好きでしょうか?
これは、好みにもよりますが、結婚指輪の場合には、薄めの指輪がおすすめです。

なぜなら、厚い指輪は中指と小指の間に厚い指輪があることで、中指・薬指・小指を完全に閉じることが出来なくなってしまうからです。
閉じる必要あるの?と思う方もいるかも知れません。
しかし、この指が閉じないという状態は手に力が入りづらくなります。

例えば、指を揃えて重たいものを持たなければならない場合です。
指の間に指輪があることで、そのまま力を入れると指輪を付けている部分が痛くなります。
そのため、力が入らず思ったように動きづらいとなる可能性があります。

これが短期的なものならば、特に問題はないかも知れません。
しかし、結婚指輪は一生身に着けるものです。
常に身に着けているものが生活をするうえで、何らかの障害になるということは、外したくなる原因になります。
そして、外す事があれば、いずれ付けるのが面倒になって、結婚指輪を付けないのが普通になるという事にもなりかねませんので、厚みのあるデザインは避けておいた方がいいでしょう。

店員さんの意見は聞かない方がいい?

ブライダルジュエリーショップの店員さんはとても親切です。
幸せな二人の門出を祝うように、丁寧に接客してくれるので、色々なデザインを提案してくれます。
しかし、デザインを提案されると、予期せぬ事態が発生します。
本当に自分が欲しいデザインが分からなくなってしまうのです。

みなさんは次々と目の前に出された結婚指輪に目移りすることなく、これだ!というものを選べるでしょうか?
本当に自分の気に入ったデザインがない限り、
「あれもいい…でもあれもいいかも…」
というように、次々に目移りします。
この状態というのは少し危険です。

今はいいと思っても10年後には、あまり気に入らないデザインになってしまうものを選んでしまう可能性がグンとアップします。

そのため、ジュエリーショップの店員さんに提案を受けるのはいいですが、ネットや雑誌、カタログなどを見て、前もってどのようなデザインにするかを明確にして、それに沿うように提案してもらいましょう。
すると、自分の気に入ったデザインの指輪からあまりずれることなく、望み通りの指輪を選ぶことが出来ます。

このように、結婚指輪を選ぶ際はちょっとしたポイントがいくつかあります。
結婚指輪を選ぶ際は、とても幸せでかなり迷いますが、このポイントをしっかりと抑えて選ぶことができれば、10年後に、なんでこのデザインを選んでしまったのだろう…と後悔をすることはなくなるはずです。
みなさんも、結婚指輪を選ぶときには、今回ご紹介したポイントを抑えて選ぶように心がけてみると良いと思います。

関連記事

NO IMAGE

マリッジブルーは突然訪れる?本当に後悔しないようにするための5つの方法

NO IMAGE

結婚式の費用の相場はいくらくらい?

NO IMAGE

これで驚かない?和装の花嫁衣裳のために必要になる費用の基礎知識